カテゴリー別アーカイブ: ネイティブ

20111112signkaiyokohama3.jpg

しまった!自分のブログで本を宣伝していないとは…。
『人生がきらめく。アロハヒーリング20の智慧』(小学館)

11月12日、発売になりました。

公式な本の紹介は
http://kuuipolomi.net/book/

ネイティブハワイアンってすごく陽気で楽しく生きているようにわれわれの目には映ります。
まあ実際にはいろいろと大変なのでしょうが、日本人なんかと比べると圧倒的に笑っている時間が長いのは事実。
このネイティブハワイアンの生き方を昔からの達人の言葉を借りて探っていこう、というのがこの本です。

もともと日本人とハワイアンは共通点が多い。
宗教的にも歴史的にもすごく似ている民族のはずなんです。ですからハワイアンの陽気な生き方を日本人がまねできないはずはないんです。

アロハ、アロハアイナ、マナ、アクア、ホオポノポノ、ホオマエマエ、ワイ、ロミロミ、ワイなどのハワイ語を解説することによって、「楽な生き方」を探しています。

「もっとハワイが好きになる。もっとハワイを抱きしめたくなる。そして最後にきっと泣く。」

これが監修していただいた山下マヌーさんからのコメントです。

ぜひ書店で、AMAZONで探していただければ幸いです。

hawaii20110516 635.JPG

暑い夏。体調を崩されている方、多いのではないでしょうか。今回は…

『ハワイアンの教える、暑い日はこう過ごす!』

をご紹介します。

暑い日、一番の対処法は『風通しの良いところで無理をせずゴロゴロだらだら過ごす』。古代からハワイアンはこうして暑い日を乗り越えていました(笑)。 …何?それじゃ参考にならない?

そりゃそうです。忙しい日本人社会、そんな風に毎日過ごすわけにはいきませんよね。ではでは、そういう忙しい人へのハワイアン暑い日対策をひとつ。

まずは運動前の水分補給。水やスポーツドリンクをしっかりと飲みます。500ミリリットルくらいかそれ以上。飲めるだけ。

hawaii20110516 348.JPG

それから散歩でも体操でも競技スポーツでも何でもいいですから汗をかくことをやりましょう。少々暑くても外のできるだけ日の当たらない木陰などで体を動かすのがベストです。帽子などの熱中対策をして休み休み何回かにわけて体を動かします。汗をかいたらぬるめのシャワーを浴びてしっかり水分補給。ポイントは冷たすぎるものは飲まないこと。お腹をこわしちゃいますから。

もしも体を動

かすのがつらいほど疲れていたら、ぬるま湯に長い時間入るのも一手です。 (これは日本流?)

ほんの短時間に身も心もさっぱりします。

それから最近増えているのは冷房が原因の肩こりや腰痛、そして全身の倦怠感を訴える方。これはかなりつらい。

こういう方はまず、ストレッチなどで体をほぐしましょう。できれば専門家のロミロミやボディケアそしてマッサージを受け、体をほぐし、体内を動かしてあげられればベストです。その日一日はだるい感じがするかもしれませんが、翌日にはすっきり爽快、元気ビンビンになっているはずですよ。

まずは少しずつ体をほぐして、調子が出てきたら休み休みの無理ない運動。これがゆったりハワイ流健康法です。

このページの上部へ

Noa Yoshi Profile

(Facebook)
日々のNOA YOSHIはFacebookで。
Noa Yoshi
https://www.facebook.com/noayoshi

(職業)
●クウイポロミロミスクール&サロン経営
●執筆、講演活動(ハワイ・ポリネシア・ヒーリング・サロン経営)
●【ロミセラ】主宰(ロミロミとハワイの癒しをもっと勉強したいセラピストたち)
●心理カウンセラー(ハワイの叡智で心を楽に)

(略歴…Amazonより)
東京生まれ。慶応義塾大学卒業後、マーケティングプランナーとして広告業界に携わる。メキシコ・カンクン、モルディブなどの宣伝にたずさわり島にハマる。
その後ハワイに渡り、マッサージ会社の設立と経営に参加する一方、ハワイのヒーリング(アロハヒーリング)の研究のためネイティブハワイアンのカフナ(高位の専門職)や長老のインタビューおよび文献研究を始める。
現在は日本にハワイアンマッサージ・ロミロミを行う会社を日本上陸させ経営に携わり、また雑誌や新聞などへの記事執筆や講演などを行う。ハワイの叡智を使ってのホオポノポノカウンセリングも行っている。

(執筆した本など)
http://www.amazon.co.jp/NOA-YOSHI/e/B006474ZB8/

最近のピクチャ