月別アーカイブ: 2016年2月

 

最近、体にいいということである漢方のサプリメントを摂取しています。

直径3~4mmの小粒のサプリメントで、大びんの直径8cmくらいの口から掌の上に流し出すわけですが、12粒~16粒が1回の推奨摂取量。

最近慣れてきて、サッと掌の上に瓶から流し出すと1度でこの推奨摂取量を出すまでに私の「漢方薬出し技」は熟達しました。

そして不思議なことに10回中8回は掌のサプリメントがどういうわけか13粒になる。

けっこうすごいじゃねーか。

でも、どうしても13という数が不吉に思えてきて、1粒を減らすか増やすという余計な作業を行うのが日常になりました。

 

それにしてもなんで13粒が嫌なんだろう。ふと気づいて考えてみました。

そういえば「13という数は不吉」っていうのを常識だと思っていた。いつのまにか。

13日の金曜日、ゴルゴ13、アポロ13…13の忌数字を逆手に取った物語もあったり。

物心ついた時から13を避ける人たちに囲まれていて、13にまつわる不幸話をたくさん聞いていて。

理由はキリストさんの処刑台が13階段だったから。キリストさんの13番目の弟子が裏切り者だったから、っていう漠然とした知識しかない自分に気が付いたわけです。

日本では4=死、9=苦なんかが忌数字で、昔なんかは病院に4階と9階がなかったりしたもんです。(いまもそう?)

でも4とか9よりも13を避ける自分がそこにいたりして。

別にキリスト教徒でも西洋人でもないのになんで13を避けているんでしょうね。

 

調べてみると(っていうかWikipedia見ただけだけど)こんな理由もあるらしいんだけど…

「未知数」説
原初人間が身体で計算できた数は手指の10と両足の2、計12であり、それを上回る13は「不可能(未知)の数」であるから本能的に恐れたとする説。

「非調和な数」説
古代より暦の必要性から時間や方位などに六十進法が使われており、中でも60の約数の一つである12はそれらを構成する基準の数として、12か月や12時間、12方位などのようにしばしば用いられてきた。生活に広く根付いた基数の12に対し、12より一つ多く素数である13は、その調和を乱すものとして不吉な数と考えられた。

 

まあ、いずれにしても少なくとも僕の生活にはあまり関係のない話で。

なんでそんなこと…迷信…に縛られているんだろう。

迷信、って余計だなぁ、って。

迷信のおかげで行動が制限されたり、意味のないプレッシャーをかけられたりするわけで。

心理学的に言うと、こういう縛られるプレッシャーっていうのが人間の精神には負担になることが多いのです。

几帳面な人ほど心因性になりやすい、なんていうのもそういうことなんですよね。

 

昔のハワイでいえば、迷信が「カプ」っていうタブー、やってはいけないこと、規則みたいなものになる。

女性と男性が一緒に食事をすると悪いことが起きる。

身分が上の人(酋長とか)の影を踏んだらマナを汚したことになるから死刑。

などなどのカプがあった。つまり迷信が法律を形作っていたような感じ。

 

もちろん役に立つ迷信もあるわけです。

産卵時期の魚を取ってはいけない、とかいう理にかなったものもたくさんあった。

日本でいえば「~~をすると罰(バチ)が当たる」なんていうのは、人間の道徳や倫理・哲学を教えてくれるとても素晴らしいものである場合が多いわけで。

こういうものがなくなったら人間は終わってしまう気もする。

 

余計な迷信は人間をダメにする、理にかなった迷信がなくなったら人間はダメになる。

いやはや、むずかしいぞ、迷信。

 

縛られる、ということが人間の精神と行動にどれだけ無駄に作用するか、っていうことを考えると、自分にとって必要な迷信なのか、自分の撮って不必要な迷信なのかを見極める「自分自身の倫理・哲学感」をもたないといけないのだなぁ。

一度、自分が縛られている「迷信」が、自分にとって必要なものか必要でないものかを考えてみると、心が軽くなるかもしれません。

 

ごくまれに、CMでジンワリと目頭が熱くなることがあります。

もちろん、ジンとくるその時の心情やシチュエーションがぴったりとマッチしたときだけに、ですけど。

たとえば、このauのCMは浦ちゃんの「海の声」含めてシリーズ的になんだか好きなんだけど、これは特に音できちゃいましたね。

懐かしくてやんちゃでピュアでな映像と、人間らしい歌詞とAIの歌声と。

 

『みんながみんな英雄』 歌詞:篠原誠

特別じゃない
英雄じゃない
みんなの上には空がある

雨の日もある
風の日もある
たまに晴れたらまるもうけ

振り向けば君がいる
前向けば友がいる
走って、転んで、寝そべって
新しい明日が待っている

悩んでは忘れて
忘れては悩んで
明日、あさって、しあさって
新しい未来がやってくる

 

おそらくもっと素晴らしい楽曲や歌詞はたくさんあるんだろうけど、少なくとも今回はこれにグッときちゃったわけです。

『雨の日もある、風の日もある、たまに晴れたらまるもうけ』

『走って、転んで、寝そべって、新しい明日が待っている』

みんな、こうやって生きているんだなぁ、なんてなんだか心が軽くなったりして。

 

癒しの仕事っていうのは、こういうものなのかもしれない。

お客さんにグッときてもらうこと。

 

最近、そんな風に考えています。

そう考えると、我々の仕事の原点っていうのは(ロミロミにしろなんにしろ)、感動を想像して提供することなんだ、ということになる。

なかなか、いい仕事してるじゃん、オレ。

もっと感動を作る、という仕事を襟を正していかなくちゃいけねーなあ…

などと(かなりクサいけど)、もう一回だけグッときちゃった今日の朝なのでした。

 

EWF

モーリス・ホワイト、アース・ウィンド&ファイアー。

かっこよかったなあ。
僕らの世代のちょっとおしゃれを気取りたいヤツらは、あれこれとウンチクを語ったもんです。

なにをかくそう、今でも広島行きの僕の車の中では彼らのベストは必ずかかるわけで。

あの世界観はかなり強烈だった。
愛とか平和をテーマにする曲が多かったなかで、宇宙を表現した、という。
おそらくこの世界観が僕のいまの古代ハワイアン好きに繋がっているのかも。

憧れのスター、とか言うんじゃなくて、憧れの世界、そのものだったような気がします。

最近、その憧れの世界に居た人たちが、どんどん亡くなってる。

寂しいと言うよりも、自分がそういう世代に…憧れの世界にいた人たちを送り出す歳になったことにに驚いている次第。

はたして今の十代の諸君には、こういった強烈な憧れの世界はあるのだろうか。
なかったとしたら、それは僕たちの責任だ。

合掌。

このページの上部へ

Noa Yoshi Profile

(Facebook)
日々のNOA YOSHIはFacebookで。
Noa Yoshi
https://www.facebook.com/noayoshi

(職業)
●クウイポロミロミスクール&サロン経営
●執筆、講演活動(ハワイ・ポリネシア・ヒーリング・サロン経営)
●【ロミセラ】主宰(ロミロミとハワイの癒しをもっと勉強したいセラピストたち)
●心理カウンセラー(ハワイの叡智で心を楽に)

(略歴…Amazonより)
東京生まれ。慶応義塾大学卒業後、マーケティングプランナーとして広告業界に携わる。メキシコ・カンクン、モルディブなどの宣伝にたずさわり島にハマる。
その後ハワイに渡り、マッサージ会社の設立と経営に参加する一方、ハワイのヒーリング(アロハヒーリング)の研究のためネイティブハワイアンのカフナ(高位の専門職)や長老のインタビューおよび文献研究を始める。
現在は日本にハワイアンマッサージ・ロミロミを行う会社を日本上陸させ経営に携わり、また雑誌や新聞などへの記事執筆や講演などを行う。ハワイの叡智を使ってのホオポノポノカウンセリングも行っている。

(執筆した本など)
http://www.amazon.co.jp/NOA-YOSHI/e/B006474ZB8/

最近のピクチャ