月別アーカイブ: 2012年9月

久々にブログで宣伝。
ハワイにイキイキと生きる方法を学ぶ。そんな本を書きました。
ぜひぜひ一度読んでみてください。

ほんものの「ホオポノポノ」とは?
フラとロミロミ、そして健康の関係は?

など、イキイキと健康に生きるための秘訣をハワイのい生き方達人に学びます。

写真もほとんど私が撮ったもの。絵と文で楽しんでください。

 

(以下AMAZONの解説です)======

生きることが楽しくシンプルになる癒し本 



2007年にハワイの伝統を保持するのに貢献した著作に州政府から与えられる「キープ・イット・ハワイ賞」を受賞した『Hawaiian Massage : Lomilomi sacred touch of aloha』から、カフナ(専門職の神官)の子孫や長老たちが語った古代ハワイアンの本物の叡智・格言を引用し、日本読者向けに大幅加筆、再編集したハワイ系ヒーリング本の決定版。近年話題の、アロハアイナ、ロミロミ、ラパアウ、ラアウラパアウ、ハ、フラ、プレ、ハナリマ、ホオポノポノ、ポハクヴェラ、ロミヴァヴァエ、ホオマエマエなど、20のキーワードの本来の考え方や意味を、一語完結の構成でわかりやすく解説しています。生きていくことをもっと楽に、もっとシンプルにするヒントが満載です。 

こちらから購入可能。
小学館SHOP http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784093882170

peason hawaii20110516 635.JPG

ハワイ式ゆるゆる夏の暑さ克服法

ハワイの「カフナ・ラパアウ」。古代から伝わる優れた技術や知識を英才教育によって叩きこまれた医療の達人です。

常夏の暑いハワイでイキイキと生活するハワイアン。そこでは熱中症などという言葉はあまり聞いたことがありません。今回は暑い夏を元気に過ごす方法をこの達人から学びます。

1.水を飲む

達人は「健康になるためには、とにかく水をたくさん飲め」と言います。ただ、その飲み方にはコツが。?冷水は飲まない。常温の水を飲む。?スポーツドリンクより水。スポーツドリンクは血糖値と血圧を上げると達人は考えています。?ゆっくり、少しづつたくさん飲む。?2?のペットボトルを持ち歩くくらいの感覚で。

2.汗をかく

現代人は汗をかくことを嫌います。服がぬれて気持ち悪いから。汗をかくことを恐れてはいけません。たっぷり汗をかけば心も体もスッキリ。シャワーを気軽に浴びることができない人は、着替えをたくさん持って外出。これがコツ。

3.海に入る

暑いとき、ハワイアンはすぐに海に飛び込みます。着替えは車の中に常備。日本ではなかなかできませんが、洗面所で顔、首、腕を濡らすだけでもかなりの熱中症対策。頻繁に体を冷やしてあげましょう。

4.からだを揉む

中国式には暑いとき「湧水」を押す、的なツボもありますが、ハワイアンはそんなこと気にしません。頭から足の先まですべてを揉みほぐしていきます。夏バテの多くは部屋と外との寒暖差などによって生じる自律神経失調からくるのだそう。からだをマッサージすることは自律神経を正常にする効果もあり、夏バテ防止には最適です。とにかく揉んで揉んで揉みほぐす。一度お試しを。

このページの上部へ

Noa Yoshi Profile

(Facebook)
日々のNOA YOSHIはFacebookで。
Noa Yoshi
https://www.facebook.com/noayoshi

(職業)
●クウイポロミロミスクール&サロン経営
●執筆、講演活動(ハワイ・ポリネシア・ヒーリング・サロン経営)
●【ロミセラ】主宰(ロミロミとハワイの癒しをもっと勉強したいセラピストたち)
●心理カウンセラー(ハワイの叡智で心を楽に)

(略歴…Amazonより)
東京生まれ。慶応義塾大学卒業後、マーケティングプランナーとして広告業界に携わる。メキシコ・カンクン、モルディブなどの宣伝にたずさわり島にハマる。
その後ハワイに渡り、マッサージ会社の設立と経営に参加する一方、ハワイのヒーリング(アロハヒーリング)の研究のためネイティブハワイアンのカフナ(高位の専門職)や長老のインタビューおよび文献研究を始める。
現在は日本にハワイアンマッサージ・ロミロミを行う会社を日本上陸させ経営に携わり、また雑誌や新聞などへの記事執筆や講演などを行う。ハワイの叡智を使ってのホオポノポノカウンセリングも行っている。

(執筆した本など)
http://www.amazon.co.jp/NOA-YOSHI/e/B006474ZB8/

最近のピクチャ