数回にわたって、よくみなさまから質問をいただく「どうやったら優秀なロミロミセラピストになれるのか」「ロミロミセラピストとして幸せになれるのか」考えています。


素敵なロミロミセラピストになりたい…③ 準備編(2)

1.夢=自分はどのようなロミロミをしていきたいのか、を考える。Exif_JPEG_PICTURE

2.自分の条件を考える。

3.自分の「夢」と「条件」の接点にある先生を見つけだす。

4.その先生に学び、開業し、成功するまでのストーリーを考えてみる。

前回の1,2に引き続いて今回は準備についての3段階目です。

3.自分の「夢」と「条件」の接点にある先生を見つけ出す。

一番難しい問題、これが「先生選び」です。
私がロミロミを始めた20年近く前とは違い、様々なロミロミスクールができています。

大きなスクール、小さなスクール
日本のスクール、ハワイのスクール
マッサージとしてのロミロミを教えるスクール、医療としてのロミロミを教えるスクール
テクニックに重点を置いたスクール、スピリチュアルに重点を置いたスクール

これだけの選択肢を見ても、どこに行ったらいいか迷ってしまうでしょう?
費用だって決してお安くないし、通うのに割く時間だって馬鹿にならない。
間違いのないスクール選びをしたいところですよね。

もちろん、私のクウイポロミロミスクールをお勧めしたいのは山々ですけれども(笑)、ここはぐっと我慢して「間違いのないスクール選びのチェックポイント」を伝授しましょう。

1.ハワイ留学か日本で学ぶか

よく「ロミロミはハワイの本場で学ばないと」という方がいらっしゃいます。
ごもっとも。もちろん本場でロミロミ達人のハワイアンに学べるのが一番幸せなことだと思います。だってハワイのヒーリングなんですから。

次の要件を満たせればハワイのロミロミ留学はお勧めだとおもいます。

①目的に合った先生を選ぶことができるか

医療系のロミロミを学びたいのであれば、それを教えられる先生は限られています。ハワイのロミロミ協会で講義をできるクラスの人でなければお勧めできません。そういう先生が見つけられるかどうか、これが一つのポイントです。

マッサージとしてのロミロミを教える先生は数多くいます。
優秀な先生に出会えればこの上ない素敵なことだと思います。ただ、中にはスウェディッシュマッサージをロミロミといって教えていたり、ビデオを観て勉強しただけでロミロミを教えているような人たちも数多くいるのでご注意を。

先生選びのコツは(ハワイでも日本でも同じですが)、「自分が施術を受けてみて気持良いと思えること」です。
そして、ロミロミの精神…ハワイの文化や考え方をしっかり理解し、ろみろみ特有のテクニックをしっかりもっているかどうか、良く話してみたり体験することで感じましょう。

判断のためにも、ハワイの文化やロミロミのことをある程度勉強しておく必要もあります。

②時間とお金があるかlomilomi school

ハワイで学ぶには、時間とお金がかかります。これはけっこうなハードルですよね。

③英語ができるか

せっかくハワイで学ぶということは「ハワイアンから学ぶ」ことを目的としているはず。そのためには英語力は不可欠です。英語ができなければロミロミの思想やハワイアンの考え方をシッカリと理解することは不可能。
ハワイで有名なロミロミスクールを出ている、と自慢している方が「マナ」「プレ」などのロミロミにとってとても大切ことの意味を理解できていない、そんなことがけっこうあったりして。これでは「留学」の意味はありませんよね。

この要件がクリアできていないあなたは、
日本人で、しっかりとした先生からロミロミを学んでいる人で、その人の教えを分かりやすく適切に指導してくれる先生を探すべきでしょう。

用件がクリアできているあなたは、早速、先生探しを始めるべきです。

2.授業人数IMG_1442S20070526134420

スクールの中には20名を一人の先生が教えるところもある、と聞きます。そんなスクールの卒業生が「ちゃんと習いたい」といって我々のスクールに入学されることも多いのです。授業料を前の学校とダブルで払って来ていただいてるわけで。なんだかもったいない。
考えてみたら、授業の濃さ、って大切です。同じ1時間でも、マンツーマンだったら1時間学べるのに、20人だったら自分の学べるのは約3分。この違いは大きいのです。
入学前に必ずチェックしましょう。

3.教わるロミロミの中身

ロミロミとは古代ハワイアンの医療。現代ではマッサージをすること。ロミロミの定義には色々な意味があるんです。
ですから「医療としてのロミロミを学ぶ」のか「マッサージとしてのロミロミを学ぶ」のか、これをしっかりと自分で考える必要があります。

もちろんできれば昔ながらの医療としてのロミロミを学びたい方も多いはず。
それにはいくつかの壁があります。それをクリアできたら絶対に医療としてのノウハウを学びたいところです。
①医療のロミロミを学ぶには膨大な時間がかかります。
②日本では(欧米でもですけど)医療行為は医師免許を持つ者しかしてはなりません。
③「1」にもある通り、教えられる先生が数少ない。
④英語が堪能である必要がある。

私個人としては、医療としてのロミロミをできる先生とボディケアとしてのロミロミをできる先生の両方から学び、どのような症状のクライアントにも対応できるだけの知識とテクニックを持ってボディケアをする、というのが理想だと思っています。もちろん、両方のロミロミを学んでいる先生がいれば最強ですよね。

4.その他

最終的に大切なのは「ロミロミとは何か」というエッセンスをしっかりと吸収して、その上でテクニックを学ぶことです。
その先生が有名かどうか、ではなく、その先生がロミロミをしっかりと理解しているのかどうかを見極めなければなりません。
そのためにも、必ずその先生とお話をし、フィーリングが合うかどうかを見極めてください。

先生の中にはスピリチュアルに偏っている方、技術だけを教えている方、色々な先生がいらっしゃいます。
どの先生を選ぶかによって、あなたのロミロミライフは変わってくるわけです。
逆に言えば、あなたの夢のロミロミライフにはどのような先生が必要なのかを考え、その先生を探すことが大切なのです。

 

さて、続きは後ほど。

素敵なロミロミセラピストになりたい
①こころざし編  ②準備編(1)  ③準備編(2)  ④準備編(3)