テンプルスタイルのロミロミ

Abraham Kawai’i: A brief history of the man, the kahuna, and kahuna bodywork


「テンプル・ロミロミ」や「カフナ・ロミロミ」といわれるロミロミが「本物(本当にハワイアンの)のロミロミか?」という質問が多いので、本に書いた要約をのせておきます。読んでみてください。

まあ確かに「テンプル」は英語ですから、昔ながらの呼び名ではないことは間違いないのでそんな藩士が出てきてしまうのでしょうけど。いずれにしても個人的には、「オプ・フリ」もポルトガルから来たものだったりしてロミロミも進化し続けているので、こまかいことには目くじらを立てることはない様な気がします。

それよりも自然(天)のマナを自分を通して患者さん(お客さん)に入れ込むことで元気になっていただく、という思想と方法論がロミロミ、ということでいいと思うんですけど、いかがでしょう?。


(拙著より)

テンプルスタイル・ロミロミ

現在の「テンプル・ロミロミ」「ロミロミ・ヌイ」「セイクリッド・ボディーワーク」「カフナ・ロミロミ」といった名称は、歴史的な文献には全く出てこないものです。

(中略)

その(テンプル式ロミロミ)創設者はエイブラハム・カヴァイイ・デカンブラ。彼はハワイアン血は引いていないため、これ(テンプル式ロミロミ)は決して伝統的で歴史のあるものではないが、ハワイで生まれ育った人間が開発した「ハワイアンマッサージである」であることには間違いではない。(しかしながらそれを「伝統的なロミロミである」と定義することはできない。また新しい「現代のロミロミ」といってもいいかどうかは意見の分かれるところだ)

(中略)

カハレヴァイによると、(テンプルスタイル創始者)エイブラハムのボディーワークは4つの特徴があります。前腕でオイルを使う手技、踊るような足での施術、患者が裸であること、いくつかのケースによっては「神聖で性的な儀式」であること、です。

(Makana Chai / Na Mo’olelo Na Mo’olelo Lomilomi 英語)
(Noa Yoshi / ロミロミとハワイアンヒーリングの教科書 日本語)


■この記事が詳しく乗っている書籍

Na Mo’olelo Lomilomi: The Traditions of Hawaiian Massage and Healing

ロミロミとハワイアン・ヒーリングの教科書 ヒーラーたちが受け継いできた祈りと教えを学ぶために

■ロミロミのお勉強をデイリーにしたい方はこちら
https://www.facebook.com/groups/lomithera/

■クウイポロミロミスクール&サロンに興味のある方はこちら
http://kuuipolomi.net/