こころ、からだ、なごむ。ハワイからの贈り物、ロミロミ。

ロミロミ(lomilomi)とは…

dvd_hawaii_image006

ロミロミとは古代ハワイアンの健康を保つために医療として発達した、ハワイの大自然を背景にした優れた「癒しの方法」。現代ではハワイアンロミロミマッサージとして世界的にも有名になってきました。「ロミ」とは数あるマッサージテクニックのひとつ。さらに「揉む」という動きのすべてをさします。さらに「ロミロミ」は「マッサージ」「マッサージをする人」という意味と、「ハワイアンが行っていた健康を保つための伝統医療」という大きな意味があります。

(クウイポオーナーのNoa Yoshiが隔月刊誌「セラピスト」2014年4月号、2015年2月号でロミロミの特集記事に書いています。よろしかったらチェックしてください)

 

ロミロミの役割と効用

ロミロミは、西洋や東洋に伝わる多くのセラピーと共通したコンセプト(基本的な考え方)を持っています。宇宙、地球にある「生きる力」と調和して取り入れることで体を正常な状態に戻したり維持したりしようとする考え方です。

この「生きる力」のことをハワイでは【マナ】と呼びます。スピリチュアルな力までを含んだ自然のエネルギーのことで、人やイキモノはすべてこのマナで生かされている、というのが古代から伝わるハワイの考え方でもあったわけです。マナが減ると病気になり、怪我をしたところからはマナが抜けていき、マナが無くなると死んでしまう…これがハワイアンの健康観、死生観でした。ロミロミはこの考え方に基づいて生まれた古代ハワイアンの医療だったのです。

ハワイの伝統医療であり、現代のハワイアンマッサージとしてのロミロミには大学研究機関(ハワイ大学)などから科学的な視点での効果に関するリポートが発表されています。

●筋肉を揉みほぐすことで疲れやコリが軽減
●体がリラックス
●血液やリンパの流れが良くなるため、元気に、そしてムクミが取れたすっきりボディになる
●免疫力が高まり病気になりにくくなる
●なにより気持が良い
などの期待される効果はボディケアマッサージに共通したものです。

そしてハワイの大地に育まれたロミロミには、
●心をもほぐしてくれるリラックス効果
●自然の力をセラピストを通じて注入されるため自然治癒力が高まりやすい
●西洋医学をはじめ、各種療法と相性が良い
といった効果があるといわれています。

ロミロミの原点は【アロハスピリット】

ハワイのロミロミを理解しようとする場合、まずアロハスピリット「Hawai’i Aloha Spirit」について理解する必要があります。

たとえば、雨が来ることを風の匂いで感じ、雨を暖かくやさしいものに感じ、雨をくれた宇宙と大地に感謝する…それがハワイアンのスピリット。昔からハワイアンはこの大地を畏れ、敬い、自分達を守ってくれるものであると信じ続けています。宗教的には日本の古代と同様の「八百万(やおよろず)の神」、自然信仰です。この信仰こそがハワイアンスピリットの原点でもあり、ロミロミの原点でもあります。

もともとの原始的な自然信仰とスピリットは日本にも脈々と流れています。たとえば「いただきます」という食事前のあいさつ。自然の命をいただくことで自分たちが生きているのだという「信仰」が今も残っている証拠です。神様に「食べ物をくれてありがとう」とお祈りするのではなく、自然の命に感謝をする気持ちというのは古代のハワイアンと共通したスピリットなのです。だからこそ、日本人の多くがハワイを愛し、ロミロミが日本人の心と体をしっかりと癒してくれるのです。

ロミロミの歴史

ハワイアン(アロハ)スピリットを理解してくるとロミロミが少しづつ見えてきます。

自然と大地に対する自然信仰は、病気になった時、具合の悪くなった時にも頼られる信仰となります。自然と大地、そしてスピリチュアルなエネルギーのことをハワイでは「マナ」といいますが、この「マナ」を操ることのできる優秀な神官「カフナ」は、自然と大地を相手に人類への恵みを祈ったり、政(まつりごと)に参加すると同時に、人々の健康を守る役目も背負います。自然と大地に祈り、その力で人間の健康を保つ、もしくは病気のものを治す、という役目です。
病気を治すことはひとつの儀式であり、ひとつの特別な力を持つもの「カフナ」だけにできる崇高な行為でした。

「カフナ」は「ヘイアウ」と呼ばれる神殿を中心にこの儀式を行い、また研究や教育を行いました。有名なのはオアフ島アイエアに残るカエカヴァ・ヘイアウです。ここでは多くのハーブが育てられ、癒しのヘイアウとして機能していたといわれています。
ロミロミの原点はここにあります。正式なハワイアンロミロミとはこの儀式のことを指す、という説もあります。儀式は場所によってもさまざまな形をとったらしいのですが、基本的には「カフナ」が祈りをささげ、患部に触ったり、もんだり、手かざしをしたり、温めた石を乗っけたり、木の棒で押したり、ハーブ(草)を煎じて飲ませたりかませたり……、色々な方法を使って治療を行いました。これら30以上とも言われる多種な方法を駆使した医療、これが広い意味でのロミロミなのです。

また、この医療の方法は「オハナ・ロミロミ」という家庭の医学としても広く浸透していきます。昔のハワイアンは全員、簡単な応急処置をできたと言われています。
カフナの高度な医療から、オハナロミロミまで、ロミロミは島によっても、師匠筋によっても、家庭によっても様々なロミロミがありました。

しかしながらこの「古代」のロミロミはカメハメハ2世、3世の古代ハワイアンの宗教廃止の際にその原点である宗教の禁止とともに一度捨て去られてしまいます。つまりカフナラアウラパアウ(特殊能力を持つ医者)の世襲制度もここで途切れてしまいます。

それを再び蘇らせたのがアンティマーガレット女史。最近では様々なロミロミが様々な形で甦ってきており、ハワイでは正式な民間医療としてとても大切にされています。

クウイポのロミロミは、このアンティマーガレット女史が体系化したロミロミテクニック、さらにカイポ・カネアクア師のような多くの優秀なロミロミ達人たちが行っていた代々伝わるテクニックやスピリットを付加して、現代の疲れた人々に癒しを与えられるよう手を加えたものです。そしてハワイのエネルギー「マナ」をゲスト(患者)に吹き込むことをロミロミには欠かせないものであると信じて実施しています。

ロミロミの歴史について詳しく知りたい方は「アロハヒーリング講座」やワークショップを行っています。お気軽にお問い合わせください。


オーナーのNoa Yoshiが雑誌「セラピスト」2014年4月号、2015年2月にロミロミの記事を書きました。
ロミロミとは何か?がお分かりいただけるかと思います。
また、ハワイの素敵な生き方を描いた本も書いています。癒される本です。ぜひ。

 

 

スクール資料請求・お問い合わせはこちら
スクール資料請求・お問い合わせはこちら
スクール申し込みフォーム